スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
eSATA拡張カード&外付けHDDケースを買ったぞ

昨年末にカメラを買い換えたのを機に、イベントとかでRAWで撮るようになったんですよ。
それまではJPEGオンリー(<カメラの性能的に、RAWだと連続撮影枚数が少なかったので)だったんですが、いまやRAWが基本という感じ。

そしたらもー、笑っちゃうくらいデータ量が多くなっちゃったんですね。
1回のイベントで、多いときは16GBのCFカードが1枚では足りなくなっちゃうくらい。
まぁその時々で撮る枚数も違いますから一概には言えませんが、新カメラ購入後3ヶ月で画像ファイルが約150GBくらい増えてしまいまして。

これはやばい。

何がやばいってハードディスクの容量が。
自分の使ってるパソコンはGateway GT5218jというのなんですが、こいつのHDD、500GBしかないんですよ。
データ用にパーテーション切ったドライブ、何だかんだで空き領域が100GBちょっとしか残ってません。
これでは近い将来にHDDの容量不足に陥ることは明らかじゃないですか。

そう思ってお正月休みにSeagateの1.5テラバイトのHDDを¥13,000くらいで買ってきたわけなのです。
パソコン本体にHDD増設用のシャドウベイが1基ぶん空きがあったのでそこに入れて、さぁこれでデータがどんどん増えても大丈夫だぞ!と鼻息を荒くしていたら。

Seagateのハードディスクに致命的な不具合が発覚しやがったの(>_<)。

心配になって、CrystalDiskInfoというフリーソフトをダウンロードして検査してみたら、この有様。




いつ不具合が発生するかわからんようなHDDに大事な(?)データを任せるわけにはまいりませんがな。
こりゃどげんせんといかん。

そういうわけであたしゃ色々考えたのよ。
思いついたデータバックアップの方策は、

1.増えたデータはDVD-Rに焼いて待避。
2.ブルーレイを焼けるドライブを買って増えたデータをBD-Rに待避。
3.余ってる5インチベイにHDDを増設する。
4.外付けのHDDを増設する。
5.いっそのことHDDを沢山積めるケースに買い換える。

現実的な話、1は論外。
だってDVD-Rだと1枚に5GB未満しか記録できませんから、1回のイベントだけで何枚になることか。
管理しきれません(>_<)。

2の場合、BD-Rなら2層で50GB記録できるらしいですから、1回のイベントを1枚のメディアに入れることは可能っぽいです。
が、それも将来的にもっと多画素のデジカメ買ったりしたら怪しくなってきますし、個人的に光学メディアっていまいち嫌なんですよね。
目的の画像を探すのにいちいち探すのも面倒ですし、何より変質して読めなくなったり、間違って破損する危険があるのが嫌すぎます。

そういうわけでHDDの増設をすることに決めたわけですが、3だとそれでも1基増やすのが上限。
リムーバブルケース(HDDをカートリッジのように手軽に交換できるグッズ)を使う手もありますが、光学メディアの嫌な点が(だいぶ緩和されますが)引き継がれてしまうのが難点。

ならいっそのこと、5にしちゃうか!
将来CPUやらマザーボード変えるときもケースそのまま使えるし!
……とも思ったのですが、これまた拡張カードの増設スペース(PCI-Express x1が1枚分)を考えると、SATA端子(HDDをつなぐ端子ね)も2つしか増えないので、増設できるのはケースにかかわらず2基まで。
どこまでHDDが必要になるかわかりませんが、余裕があった方が良いですよね。

で、4の外付けHDDを調べたら、eSATAというインタフェースを使えば内蔵の場合と同じ速度でHDDにアクセスできるらしいじゃないですか。
これなら外付けのデメリットである「遅さ」から解放されます(USB接続だと遅いからね)。
またeSATAにはポートマルチプライヤという機能があって、これを使えば1台の外付けHDD(のケース)に複数のHDDを入れて同時運用できるらしいじゃないですか。
HDDが5基とか入るケースも普通にあるし。
大量のHDDをPC本体(ケースの中)に入れると廃熱やら電源やらの問題も出てきますが、外付けならそういった問題がクリアできるのも素敵です。

というわけで4の「(eSATA接続の)外付けHDDを増設する」で決まりー!
ここまでが前ふり(長いよ!)

ここまで決まればあとは実行するだけです。
さっそく今日、秋葉原に行って必要なパーツ類を購入してまいった次第。
購入したものは以下の通り。

BUFFALO  IFC-PCIE2ES TWOTOP本店で¥4,780



Logitec  LHR-DS02SAU2SV TSUKUMO eX.で¥4,980(HDDと一緒に買ったら¥1,000値引きしてくれたの)



WESTERN DIGITAL WD10EADS (TSUKUMO eX.で¥7,480)



全部で¥17,240でございました。
安っ!

いちおう各パーツの選択に関して申し上げると、eSATA増設ボードは、ポートマルチプライヤ機能が必須。
そのうえでeSATA端子が2つあるものというのが選択基準でした。
玄人志向のSATA2RE2-PCIeはRAID機能もあるのが魅力的でしたが、大手メーカー製の方がマニュアルとかちゃんとしてると思ってこっちをセレクト。
とは言えPCに組み込むのすげー簡単だったので、別に玄人志向のでも良かったような気が……。
まぁ多分RAID使わないから(゚ε゚)キニシナイ!!

いちばん悩んだのがケースで、せっかくポートマルチプライヤあるんだしHDD増えるの見越してるんだから、HDDが沢山入るケースの方が良いかなー、と思ってたんですよ。
たとえばCENTURYのドライブドアSATAボックス5BAYなんて、その名の通り5基もHDD入りますからね。

あんまり売ってるお店がないということでしたが、ソフマップ本館で見つけて、買うべきか買わざるべきか悩むこと30分(優柔不断)。
だって値段、¥25,000くらいするんだよコレ。

coneco.netで評判の良い4段ケース、DECAのDMPR-4SAESもT-ZONEで¥20,000くらい。

1段増えると¥5,000アップするのでしょうか(^_^;)?

それでもけっきょく1基しか入らないものを選んだのは、いまのペースだとデータの増える速度がだいたい1ヶ月に50GBくらいだから。
1テラバイトあれば少なくとも1年はストレージに困らないと思います。
データがいっぱいになる頃には近々発売されるらしい2TBのHDDもお安くなってるでしょう(¥15,000以下だと良いなー)からそっちにデータごと入れ替えても良いですし、そもそも新しいマシンを自作してるかもしれません。
そのどちらでもない場合には上記のHDDいっぱい入るケースを購入するとして、とりあえず様子見的に安価なHDD1基タイプを購入したというわけです。

このテのHDD1基のみのHDDケースって各社から出てるわけなんですが、ロジテックのにしたのは単純にデザインと大手メーカー製の信頼感ですね。
あと、戸田覚センセイが激賞してたのも理由のひとつw
戸田氏はメーカー擁護のためにときどき変なことも言うのですが(大人の事情って奴?)、自分的には好きなライターなのですよ。
まぁそれほど高い製品でもありませんので、フィーリングですね最終的には。

HDDの選定で重視したのは何と言っても信頼性!
この場合Seagate製を選ばないのは当然として、残る有名メーカーはWESTERN DIGITALと日立GST。
どっちも1.5TBモデルをラインナップしてないので、画像データ貯め込み用途では自動的に1TBのものになります。
日立の方がカタログスペック的には上なんですが、ネット上の評判ではWDの方が良さ気。
そういうわけで定評あるWD Caviar Greenの1TBモデルを選んだわけなのであります。

現在、内蔵のセカンドHDDをWD10EDSにして、Seagateのは外付けケースに入れ替えて使ってます。
メインデータWDで、Seagateのはバックアップって感じ。
バックアップ用HDDの方が信頼性低いというのも変な感じですが、せっかく買ったのを廃棄するのも忍びないので……。
っていうかもう1台、1TBのHDD買おうかしらん?
同メーカーだと今回のような不具合がありうるので、今度は日立GSTのやつを。

で、結論なんですが、外付けHDDケース良いよ!
ついでにeSATAも良い!

価格調査サイト(価格.comやconeco.net)を見ると、普通に1TBのHDDが最初から内蔵されてる外付けHDDの場合、USB接続オンリーのタイプだと¥10,000ちょっと、eSATA接続もできるやつだと¥15,000以上というのがいちばん安い物みたい。
ところが上記のケース&HDDの組み合わせの場合、約¥12,500です。
内蔵eSATAタイプよりもお安いし、USB接続のと比べてもその差はわずか。
HDDがいっぱいになったら中のHDDを交換するだけで良いから(たとえUSB接続しか使わなくても)中長期的には費用もお得です。
HDDを入れたり出したりするのもすごい簡単。
初心者でもぜったいできますね(詳しくは上記の戸田氏の記事をご参照ください)。

あとはeSATA速すぎワロタ。
いわゆる外付け(この場合はUSB接続)のもっさり感が皆無で、普通にPC内部のHDD使ってる感覚です。
eSATA端子が最初からついてるパソコンをお使いの方はもちろん、ない場合も増設してお使いになるのを強くお奨めします。
ノートパソコンでもeSATA端子を増設できるPCカードがあるみたいですし(<左にリンクした物の他にも各社から出てるみたいッス)。

って言うか、メーカー製PC使ってる人の場合、HDD容量の不足ってけっこう深刻な問題だと思うんですよ(最近のデジカメ、データ量多いし)。
それらを解決する方策としてかなりお奨めです。
| nasuhiko | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:14 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2014 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode