スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
D700を3ヶ月使って感じたことレポート


昨年の11月末にNikonのD700を買ってそろそろ3ヶ月がすぎようとしております。
最近ようやくこのカメラにも慣れてきたような気がしますので、簡単なレビューのようなものを書いてみたいと思う次第です。
へたれカメコのあほレビューとお笑いください。

【悪い(良くない)点】
・高い。
いくらフルサイズ機とは言っても20万円以上。
一眼レフデジカメとしては決して安価とは言えません。
性能・機能や作り込みを考えれば不適正な価格とは言えませんが、絶対的な価格としてはやはり高価なんじゃないかと。

・重い。
金額に関してはすでに払ってしまったから良いとしても、重さについてはそうはいきません。
カタログスペックで重量約1kgは伊達じゃないです。
使い始めた頃はとにかく重くて重くて、撮影時にも手がプルプルしちゃう始末(自分、基本的に片手撮りですからね)。
最近はやっとそういうこともなくなってきましたが、それでも油断するとプルプル再発するのには困ってします。
何より一日中持って歩いてると、やはり疲れます。
イベント以外でちょっとしたスナップを撮りたいとかいった際には持ち出すのがためらわれるほど。

・片手撮りだとAF測距点が選びづらい。
これはD700が悪いんじゃなく、使い方が悪いんだとわかってるんですが(^_^;)。
素直に両手で使えば良いのですが、左手でレフを構えることが多いので……(このあたり、何とか改善できないかなー)。
いちおう自分がどうやって片手で撮ってるかご説明しますと、自分は縦位置で撮ることが多いのですが、右手でグリップを掴んでそのまま(自分から見て)時計回りに90°回転させるのが常です。
グリップ部を下にして、重量を右掌で受け止める感じですね。
この状態だとシャッターボタンに指をかけるのが精一杯で、上面や背面の操作部は一切いじれなくなります。
AF測距点選択に用いる背面のマルチセレクターなんてまったく触れない状態。
したがって構図変更に伴ってAF測距点を変える場合はとっさに切り替えることができず、いちど両手持ちに切り替えてからマルチセレクターを操作する必要が生じてしまうのです。
テンポが悪くなってしまうのが嫌ですね。
少しでも素早くAF測距点を切り替えたいと思い、選択できる測距点数を11点に減らして使ってるのも、微妙に勿体ないような気がします。

・AF測距点が中央に寄りすぎ。
たとえば縦位置で全身を撮ろうとした場合、(ファインダーを90°回転させた状態で)いちばん上のAFフレームが真ん中に寄りすぎてるんですよね。
特に前はAPS-C機を使ってましたので、それから比べるとかなり中央に寄ってる感じでいまいち使いづらいです。
顔にフレーム合わせてそのまま撮ろうとすると、頭上に多きく余白ができてしまうのが嫌。
かと言ってフォーカスロックして構図を整えると、コサイン誤差等でピンぼけ発生の危険が高くなっちゃうの。
特に広角レンズ使用時。
ほら、イベントで全身撮ろうとすると、後ろにあまり下がれないからどうしても広角系レンズになるじゃないですか。
ほんと、困りものです。
仕方がないので余白を気にせず撮って、あとでトリミングしてます(^_^;)。

【良い点】
・高感度に強い。
これは評判通りですね。
間違いなくこの機種の長所だと思います。
自分的にはISO3200くらいまでは躊躇せず使えるくらいノイズが少ないです。
TFTなら会場のどんな場所でも撮れちゃいますし、日が暮れた後の屋外(晴海とか)でもぎりぎり撮れるのはすごいの一言です。

・レスポンスが速い。
ボタンを押した瞬間シャッターが切れる感じ。
像消失時間も短時間ですし、テンポ良く撮影できます。
このあたりは同価格帯の各社フルサイズ機の中でも随一なのではないでしょうか

・RAWでも連写できる。
余計に重くなるので縦位置グリップは付けてません(持ってはいるんですが)が、5コマ/秒でも自分的には連写速度に不満はまったくありません。
それでも連続してシャッターを切ることが少なくないんですが、その際にCFカードへの書き込み待ちでシャッターが切れなくなるといったことは未経験。
たぶんバッファ容量に余裕があるおかげでしょう。
おかげでこの点はストレスフリーです。

・レンズの感覚(画角やボケの量)がフィルム時代と同じ。
ズームを使ってるとこの点なかなかわかりづらいのですが、単焦点レンズ使用時にはAPC-C機とは明らかに違います。
そうそう!50mmってこうだったよな!
みたいな、フィルムカメラのときの記憶が蘇ってまいります。
ボケ量に関しては思ったほどではないというか、特にズームの広角端(28mm)では相変わらず全然ボケません。
この点は微妙に期待はずれ。

【総評】
D700、間違いなく良いカメラなのですが、長所と短所を比べた場合、必ずしもこれでなければならないという決定的な何かが見あたらないというのが率直な思いです。
高感度ノイズにしても、最新のAPS-C機(具体的にはNikon D90とEOS 50D)ならISO1600くらいまでは実用域のようですので、よほど極端な状況でなければこちらでも良いような気がします。
なによりそれら最新APS-C機は安価なうえに軽く、AF測距点も広範囲に分散しているのがD700ユーザーからしても羨ましく思うところです。
画質に関しては子細に見てゆけばそれらのAPS-C機とD700では差がある(たぶんD700が上)のでしょうが、それにしても上手にRAW現像・レタッチした画像同士で比べれば差は微々たるもののようにも思います。
自分としてはD700自体に現状大きな不満はありませんが、仮にいま新たにデジタル一眼レフを購入するとした場合、D90かEOS 50Dを買う可能性が高いです。

……と、ユーザーであるがゆえに辛口の評価になってしまいましたが、良いカメラですよD700(フォロー?)。
もしフルサイズ機を新たにご購入なさるご予定があるのであれば、ぜひ選択肢の一つに加えてみてくださいね。

| nasuhiko | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:43 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode