スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
コスカメコに必要な4つの能力

カメコ道は逆境にありと見つけたり。



……って、何ぞそれw
まぁ聞いてくださいよ。

たとえば高名なプロカメラマンなら、モデルさんにも適切な撮影環境にも事欠かないじゃないですか。
でもわしらカメコの場合、そうした点は全く未知の要素というか、どう転ぶかわかったものじゃありません。

レイヤーさんに撮影を断られるかもしれませんし、そもそも頼んで良いかどうかすらわからない場合もあります。
何とかOKをもらえたとしても、撮影環境が光が足りなかったり背景に適さないような場所だったりすることは日常茶飯事。



勿論、そうじゃない場合も多々ありますけど、カメコとしての力量を試されるのはやはりそうした「逆境」にあってのことでしょう。
撮影テクニックも大切ですが、ネガティブな状況をいかに切り抜けるかがカメコ的には重要なんじゃないかなとも思います。

じゃあそうした場合にどういった能力が求められるかというと、自分が思うところでは以下の4つですね。

●KY力
たとえばレイヤーさんたちが身内で喋ってらっしゃるとき。
あるいは、他のカメコさんが専属のように長時間撮影してるとき。
その他にもあると思いますが、そういう、「撮影を頼んで(または話しかけて)良いかどうかイマイチわからんとき」って結構あるじゃないですか。

そういうときって自分も含めて撮影をお願いするのを躊躇しちゃいがちです。
でも冷静に考えると、ほんとに駄目なのかどうかは推測では回答は出てきません。

もしかしたら全然大丈夫なのかもしれないのに思わず足がすくむ・声をかけられない。
そうして逡巡してるうちにいよいよタイミングを逸する。

こんな経験、ありませんか?
自分はたくさんありますw

もうね、そういうときはあえて空気を読まない。
空気読まずに、(駄目で元々の心構えで)試しにお願いしてみる。
そうすれば意外とOKが出たりするものです。
駄目なら駄目ではっきり断っていただいた方が、逡巡する時間のロスが防げるじゃないですか。
そういう、どっちに転んでもポジティブシンキングでいくのが大切なんじゃないかと。

自分の経験だと、列切りされてるレイヤーさんに、「連続で撮影されてお疲れでしょうから、しばらくお休みになった後でお時間あったら撮らせてください」と言ったらご了承いただけたことありますよー。
あとは撮影場所を譲ってもらったりとか。

●フォロー力
かといって常にKYモードだと、ウザがられるのは火を見るより明らかです。
KY力を発動させた場合はきっちりとフォローしていかないと。
特に撮影を断られた場合は(仮にKY力発動した結果でなくても)、断った方も微妙に気まずい場合が多いわけですから、嫌な気分を払拭してあげる必要があります。
またそうした場面でなくても、「ちょっと長い時間撮影しちゃったからレイヤーさん疲れてるかも」といった、(特に自分の行動の結果)レイヤーさんの心理状態がネガティブな方向に行ってしまった場合(やその兆候を感じた場合)は、速やかにフォローできるのが達人カメコ。

たとえば、先の例で撮影を断られたときは、

「そうですか。お忙しいところ(もしくは「お疲れのところ」とか)空気読まずに厚かましいお願いしちゃってすみませんでした。また機会があったら、その時はぜひ撮らせてくださいね」

とかフォローすると、印象がだいぶ違うように思います。
あ、他のカメコさんの撮影邪魔しちゃったときはそのカメコさんにもね。

こういう心配りを怠らないことで、ウザがられる危険を回避するとともに、「次」につなげることが可能になります。
レイヤーさんにも好印象でしょうから、そういう意味でも大切な能力です。

●諦め力
上の2つの能力をどれほど駆使しても、残念ながら駄目なものは駄目です。
そもそもの話、いつも身内のみで撮影なさってるレイヤーさんもいらっしゃいますしね。
人間的に相性が最悪という場合だってありえます。

レイヤーさん関連に限らず、たとえば撮影場所にしても、必ずしも最適な環境で撮れるわけじゃありません。
狭いとか暗いとか、どう頑張っても別の人が画面に映り込んじゃうとか。
そういうの、よくある事じゃないですかコスイベだと。

そうした場合はね、もうすっぱり素直に諦めてしまう。
レイヤーさんの場合は「縁がなかった」ということです。
撮影環境であれば、「レイヤーさんが写ってれば良い」と最低限度まで妥協する(高感度ノイズ出ても良いじゃん、あとでトリミングすれば良いじゃん、みたいな)。

そのうえで別の人、次のチャンスを探すわけです。
その方が精神衛生上もよろしいんじゃないでしょうか。

●真剣力
いちばん大事なのはたぶんこれ。

真剣にお願いする。
真剣にフォローする(「深刻に」じゃないよ)。
真剣に撮影する。

どれも大事です。

やはり最後は、真剣さこそが逆境を乗り越えるのに必要となってきます。
適当にやっても埒があかないから逆境なんだよ!ってことです。
それにだいたい、いくら趣味でカメコをやってるからとはいえ、いや趣味だからこそ真剣にやらないとつまらなくなってしまうでしょう?

まぁ四六時中、真剣力全開というのも疲れちゃいますから、ほどほどにね。
「諦め力」とセットでどうぞ。


……みたいなことを考えました。
どれも自分には備わっていない能力ばかりで、まさに「お前が言うな」状態。
読み返すと上から目線で偉そうなことを言ってて顔から火が出る思いです(^_^;)。
どんなもんでしょうね?>読者各位

他にも「こんな能力が必要じゃね?」とかあったらお教えいただけると幸いです。
| nasuhiko | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 13:53 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode